アニメ

「Hunter×Hunter」アニメのレビュー!父親に会えるシーンが感動的!

「Hunter×Hunter」アニメのレビュー!父親に会えるシーンが感動的!
スポンサーリンク

こんにちは、美琴です♪

今回はアニメ「Hunter×Hunter(ハンター×ハンター)」を観たのでレビューします。

「Hunter×Hunter」は、1998年から週刊少年ジャンプで長年連載されている冨樫義博さんの漫画です。

スポンサーリンク

「Hunter×Hunter」アニメのあらすじ・みどころ!

Hunter×Hunterは、世界中の財宝や珍獣などを追い求める職業・ハンターへ、主人公のゴンが憧れるシーンから始まります。

ゴンの父親であり、世界の5本の指に入るハンター・ジンの背中を追い求め、ゴンがハンター試験を受けに行きます。

ハンター試験会場で出会ったのは、後に旅路を共にする暗殺一家のスター、キルア。

そこで見事ハンター試験に受かったゴンは、様々なライバルや師匠と出会っていく中でどんどん力をつけていき、宿敵・ヒソカに出会います。

最初はボコボコにされたものの、力をつけたゴンがヒソカの顔面に一発パンチ!

そこで、最初弱かったゴンが修業を積み重ね、見事に一矢報いるシーンがとても見どころです。

また、その後に仲間やライバルと出会いと別れを繰り返しているうちに、最終的に父親・ジンに出会うことが出来ます。

父親に対しての憧れや尊敬を抱いているゴンが、見事に親父に会えたシーンが一番感動的でした。

スポンサーリンク

「Hunter×Hunter」アニメの感想・レビュー

Hunter×Hunterから学べたことはたくさんあります。

「アニメから学べるものなんてない」と考える人も多いとは思いますが、実際にアニメとは現実世界でも起こり得ることがたくさんあります。

例えば最初は弱くて仲間にも助けて貰っていたゴンが、物語の後半では積極的に仲間を助け、多くの人にきっかけを与える人になっていました。

他の例ではキルアが兄・イルミに対して最初は恐れを抱いていたものの、立ち向かうことをあきらめなかったところ、見事キルアは兄の呪縛を乗り越えられていました。

最初はできることが少なくても、あきらめずにコツコツと積み重ねれば目標に近づけるんだなと感心しました。

他には仲間を思いやる大切さや、友人の大切さなどが学べました。

お金や地位、見せかけの強さよりも、本質的な強さが一番魅力的で大切なものなんだなと感心しました。

努力は噓をつかない・目標に向かって努力を積み重ねれば必ず目標達成できるということが体現されたアニメでしょう。

スポンサーリンク

「Hunter×Hunter」アニメはこんな人におすすめ!

Hunter×Hunterは、

・仲間を思う大切さを忘れている人
・自分には無理だとすぐに諦めてしまう人

におすすめのアニメです。

先述した通り、Hunter×Hunterは仲間を思う大切さと、あきらめない心を教えてくれるアニメだからです。

アニメと聞けば、子供向きなんじゃないかと思う人が多いと思います。

しかしHunter×Hunterは年齢性別問わず、幅広い層が楽しめること間違いないです。

その理由は、一見ただの子供向けアニメのように見えるキャラクターと、物語の複雑さ、奥深さ両方の要素があるアニメだからです。

ゴンの大切な仲間で、キルア以外にクラピカレオリオの二人が登場してきます。

クラピカは一族が倒されて、その復讐をするためにハンターを目指します。

レオリオはお金がなかったために友人の病気を治すことが出来なかったため、お金持ちになるためにハンターを目指しています。

ゴン、キルア、クラピカ、レオリオ4人の心情を把握しながら、Hunter×Hunterを観てみると間違いなく面白いです。

スポンサーリンク